DR. ALCOHOLIC

pooyan2nd.exblog.jp ブログトップ

タグ:GRD ( 12 ) タグの人気記事

とりのこされたまち

d0138781_15183035.jpg
d0138781_15184483.jpg
d0138781_15185797.jpg
d0138781_15191075.jpg
d0138781_15192568.jpg
d0138781_15194471.jpg

[PR]
by alcoholic_t | 2011-02-07 15:20 | 写真

伊勢末酒店@西新井大師

d0138781_12353921.jpg
d0138781_12355147.jpg

[PR]
by alcoholic_t | 2010-11-15 12:36 | 居酒屋寸景

呑むために走る

新橋のバーで知り合った紳士から紹介いただいたランニングの親睦集団Tokyo Ladies Hash House Harriettesに先週参加してきた。
毎週異なる駅近くに集合し、ヘアーと呼ばれる幹事があらかじめ地面にチョークや小麦粉で印をつけたルートを探して走るのだが、これが面白い。
幹線道路はほとんど走らず、下町の裏道、私道などを、後続のランナーに方向を知らせるために「on on」、「Right, Left」など叫びながら、大の大人(外人も多数)が走り回る姿は相当怪しい。
ゲリラ的に毎回違う場所でやるのは、お上の目をはぐらかすためかも知れない。

で、ゴールしたらまずはビール!
d0138781_10494571.jpg

(GURUGURUさん撮影)

その後は居酒屋に移動して、着替えて本格的に宴会のスタートです。
7~8Km走って、乾いた体はアルコールを水のように吸収します。
d0138781_10525751.jpg

d0138781_10535956.jpg


体には決して良いとはいえないランニングの会だが、間違いなく楽しい。
しかも、このハッシュは世界中の都市で行われているとのこと。

酒とランニングの好きな方は、はまると思います。
[PR]
by alcoholic_t | 2009-07-14 10:58 | RUNNING

新規開拓

同じお店をぐるぐる回るのもいいけど。たまには違うお店へ。

d0138781_1002811.jpg

d0138781_101284.jpg

d0138781_1012642.jpg

一件目は、コンディションのいいビールを、美味しく注いで、美味しいおかずとともに提供するお店。
若い店主の思いがいい客層を集めて雰囲気もgood。

d0138781_108360.jpg

d0138781_1082187.jpg

二件目は、僕の大好物モルトとシェリーを手頃な価格で提供してくれるバー。
食べ物も豊富で、本格的なトルティージャも美味しかったし。バーだけどかしこまっていなくて、新橋オヤジが気軽に行ける。

どちらもいい店。また行こう。
[PR]
by alcoholic_t | 2008-11-13 10:14 | めし日記

ボルダリング

d0138781_9491363.jpg

新しい事に挑戦するのは楽しいですね。
このスポーツ。身体、頭、心の統合が必要ですね。
目の前にあるからと行ってそこに行ったら先に進めなくなる。先を見越して自分自身を俯瞰で見る頭が必要です。
[PR]
by alcoholic_t | 2008-11-06 09:54 | たんなるブログ

愚為庵

ナビ無しでは、たどり着けないようなところにある農家レストラン愚為庵
200年以上前に立てられた民家で頂く料理は、海あり山ありの房総の食材をシンプルに調理し、素材のパフォーマンスがストレートでどれも美味い。
お時間のあるときに是非。おすすめです。
d0138781_10124539.jpg

d0138781_10132829.jpg

d0138781_10134979.jpg

d0138781_10142724.jpg

d0138781_10153422.jpg

d0138781_10182326.jpg

d0138781_1015537.jpg

d0138781_10161089.jpg

[PR]
by alcoholic_t | 2008-11-04 10:19 | お気に入りの店

遠い記憶

d0138781_20531312.jpg

昨日は毎年恒例の友人達との旅行。今回で25回目となる会で、高校の同級生がベースとなってはじまったのだがよく続くな(笑)。

んで、今回の目的地は千葉県の館山。
幹事は僕じゃありませんが、目的地、宿泊先、立ち寄りの食事などは僕が決定。実質の裏幹事である。まあ、そのへんの情報量はけっこう豊富にあるし。

実は僕にとって館山は、小学生時代の遊び場。
親戚の家があって、朝から館山港で釣りをして鯖や鰺を釣って持って帰り、竿を置いたらすぐに海水浴へ。
その海水浴場が、写真に上げた「沖の島」。
海水浴とはいっても僕は磯で素潜りして、ツブ貝やサザエ、タコなんかを捕っていました。

30年ぶりに訪れた場所は、昔と変わらない自然を残していてくれた。
d0138781_2151681.jpg


新橋からバイクで1時間少々、電車でも東京駅からそのくらいで来れる。
環境、交通、気候、食材は海山共に豊富。遊び場いっぱい。酒も造っている。花もある。
アイ ラブ タテヤマ。
この地に古民家を建てることが当面の目標。
[PR]
by alcoholic_t | 2008-11-03 21:11 |

ブラックポット

d0138781_2083822.jpg

友人の誘いで国営ひたち海浜公園へバーベキューに行ってきた。初めて行った公園なのだが至れり尽くせり。こんなに環境の整ったバーベキュー場は今まで知らない。駐車場からバーベキュー広場まで運搬用のリヤカーは貸してくれるし、洗い物用の洗剤付きだし、ゴミも捨てていけるし、バーベキューサイトの作りは完璧だし。さすが国営。血税ががんがん投入されているだけのことはある。
バーベキューといえばとりあえずベタな焼肉なのだが、今回の肉は心優しい後輩を脅して手に入れた飛騨牛。(Y君サンクス)
霜降り具合も程よく生でもgood。塩焼きもいいのだが、お肉のパフォーマンスを最大限に発揮させる僕の特製もみダレが大好評。市販の焼肉のタレなんか飛騨牛に失礼ですからね。

んで、久々に野外で使う僕の愛するダッチオーブン。
最近でこそホームセンターでも売っているのだが、僕は15年ほど前にアメリカのアウトドア雑誌で見てから、欲しくて欲しくて。当時はインターネットなんてやっていなかったので、ドキドキしながらメールオーダー。到着して見たらひびが入っていてクレーム交換。苦労した分だけ愛着もあります。野外だけじゃなくキッチンでも多用しているので油が染みていい具合の黒光りするブラックポットに成長しました。

何を作ったか?
それは次回のエントリーで。
[PR]
by alcoholic_t | 2008-10-13 20:26 | めし日記

駆け込みセーフで新子。

コハダ(コノシロ)の幼魚が7月初めくらいから約一ヶ月ほど出回ります。
出始めの頃は本当に小さくて1貫のにぎりに5枚くらい付けて出されます。小さい分、皮も身も柔らかく美味しいんですが職人さんの手間は大変です。

なんだかんだと用事があり、今年は新子を食べ逃したかな・・・。と、期待しないで最近お気に入りの最強の立ち食い鮨「くま寿司」さんへ。

ありました! 新子としては最終時期の二枚付けですが・・・。
季節感のある食事っていいですよね。
d0138781_10255159.jpg


いつも忘れちゃうんで、記録として昨夜のにぎりを。
d0138781_1027071.jpg

[PR]
by alcoholic_t | 2008-07-31 10:29 | めし日記

下田へ

20日、日曜日は父の七回忌。
無事に法要が終わり帰宅後、バイクで下田へ向かった。首都高の渋滞もあったが3時間半で下田に到着。やっぱバイクは速いは。

現地には、ちゃりんこで到着の手振烈尊氏。電車で稲荷を回りながら来たnoyan氏が既に着いていて、現地の寿司屋で待ち合わせ。

軽くつまんでから、現地で行なわれているカジキ釣り大会の主催者側としてみえていたElmax氏と合流。
地中海料理を頂きながら、Elmaxさんの友人ソムリエ持参の30年もののワインを頂きました。

CHATEAU BEYCHEVELLE シャトーベイシュヴェル1978
d0138781_1085235.jpg

なかなかビンテージワインなど頂く機会がありませんので、楽しませていただきました。感謝です。

解散後、もう一件居酒屋に行ってから就寝。

翌朝は、以前から行ってみたかった干物の店へ。
下田の外れにでまじめなひものを作っている万宝さん
好きな干物を選んで囲炉裏端でおじさんが焼いてくれます。飲み物やごはんは持ち込みOK。
脂ののったタカベ、極上のあじ、塩さばを頂きましたが、すべて干物の域を超えた焼き魚として最高の食べ方でないかなと思ってしまった。
お店の人たちもいい人たちで、お客さんもみんなリピーター。田舎の家に帰ってきたように挨拶をして入ってきました。いい店です。
d0138781_10175911.jpg


ここで三人は解散。
手振烈尊氏(輪行)とnoyanは電車で、僕は西伊豆の海岸線を北上。
途中、松崎近くでこじんまりとやっている小邨さんへ蕎麦を食べに寄りました。バイクに付けているバカナビでは全然お店が見つからず、僕の臭覚で行き着くことが出来ました。
山の中腹にある、静かなお店で頂く蕎麦は「翁」の高橋氏直伝のもの。
さわやかな蕎麦でしたね。
d0138781_10251270.jpg


5時過ぎには帰宅。シャワーを浴びてから地元のもつ焼き屋で一杯。
いい休日でした。
[PR]
by alcoholic_t | 2008-07-22 10:27 | めし日記
line

死ぬために生き、生きるために食べている。


by alcoholic_t
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite