DR. ALCOHOLIC

pooyan2nd.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

プレゼント

d0138781_9304394.jpg

Thanks all.

覚え書き
オヨ・デ・モンテレイ エピクーレ No.2
モンテクリスト ロブストス
コイーバ ロブストス
パルタガス セリーD No.4
ロメオ・イ・フリエタ エクシビシオン No.4
[PR]
by alcoholic_t | 2008-10-31 09:31 | たんなるブログ

たこ焼きBar

d0138781_9275071.jpg

全く一貫性のないフードメニュー、何でもありの酒類。
まったりした店主。
[PR]
by alcoholic_t | 2008-10-30 09:30 | めし日記

Birthday cocktail

d0138781_13111098.jpg

アイがたっぷりで、美味しかったぞ。
Thanks.
[PR]
by alcoholic_t | 2008-10-29 13:12 |

すき焼きの研究

もともと僕はすき焼きをそれほど愛していない。
だいたい、上等な肉にあんなに甘じょっぱく味をつけるなんて失礼なのではないか、酒と合わせて食べるには味が濃すぎるので飯のおかずなのではないか、それならば鍋形式にしないで野菜を煮て最後にさっと肉に火を通す煮物として食卓にのせた方がいいのではないのだろうか。

今まで我が家、そして外食で食べた東京のすき焼き屋さんは「割り下」で味をつけて食べていた。まずは牛脂をひいて肉をさっと焼き割り下を投入。野菜類を加えながら肉が煮え過ぎない頃合いを見て卵に付けて食べる。確かにまずくはない。でも何か違う気がした。
きっかけは後輩の実家から飛騨牛をいただき、昨年我が家ですき焼きパーティーをした時のことだ。丁寧に割り下を作りすき焼きを作り始めた。僕は他に作るものがあったので途中から食卓に参加。鍋を見てみると寄せ鍋みたいに野菜が大量投入されている。当然割り下は薄まりすぎて味も中途半端に。醤油や砂糖を加えて危機を脱した。皆「美味しい」と行って食べているが、僕は「????」。
後半になって皆のお腹もほぼ満腹となったところで、最後の1パックをあまり食べていない僕が食べようと思ったら割り下が品切れ。じゃあ関西風に砂糖と醤油で味をつけてみようかな、でもさらに甘くてしょっぱそうだなと思ったけれどもトライしてみた。
熱した鍋に牛脂をひき、食べられる分だけのお肉を平に鍋に入れる。砂糖をさっとかけて醤油を少々。お酒も少し加えて肉を入れて1分もしないうちに煮ばなの肉を卵に付けて食べてみた。
「美味い」砂糖が肉の脂肪に絡み付き、醤油が焼けた香ばしさが加わり肉の旨味を増していても殺してはいない。鮮烈に味が記憶に残った。

んで先日、本屋でこんな本を見つけた。

すき焼き好きな筆者が日本中のすき焼きの名店を巡り、多種多様なすき焼きの仕立て方、味を書いている。
読み終わり、様々な思考を加えpooyan的美味しいすき焼きの方法論が完成した。

まず肉、ブランド牛である必要は全くない。ただしある程度は霜降りの方が美味しい、赤身が多すぎると砂糖の甘さに負けてしまう。

野菜は、何でもいいが長葱は絶対に外せない。それから水分の多い白菜などはあまり入れない方がいい。

仕立て方。基本コンセプトはすき焼きは肉を焼き、鍋に残った肉の旨味で野菜を食べるものである。
すき焼き鍋は鉄製のものでなくてはならない、テフロン加工の電器の鍋では水分も早く飛ぶし、肉の旨味が鍋に残らない。まずは鍋を軽く温め牛脂をひく。次に砂糖(僕はきび砂糖を使う、甘さが優しい)をうっすらと雪が降ったように鍋に散らす。直接肉が鍋肌にくっつかず、砂糖の少し焦げた美味さはたまりません。
肉は一度に食べる分だけ鍋に入れます。片面をさっと焼いたら醤油を少々。
d0138781_1005260.jpg

この醤油が大切。今回は「かめびし 三年醸造」を使用。しょっぱさが少なく少し甘めで濃厚なこの醤油はすき焼きにぴったり。おすすめです。
ミディアムレアのお肉を卵につけてさくっと頂きます。
美味しすぎます。

次には野菜、シラタキ、豆腐などを鍋に入れて、砂糖、醤油、酒、昆布だし少々を加えていただきます。
d0138781_10351646.jpg

今回は松茸を奮発しちゃいました。

野菜をあらかた食べ終わったら、また最初の肉に戻ります。
この繰り返しです。もちろん2巡目の野菜の方が肉のうまさが倍になっておいしいです。

こうして食べると一人分は、すき焼き肉2〜3枚(150〜180g)もあれば充分満足感あります。すき焼きとは焼いた肉の旨味で野菜を沢山食べる料理という結論。
[PR]
by alcoholic_t | 2008-10-28 10:42 | めし日記

30年間進歩無し

ツーリング中に僕のまわりで最近旬のチャリ話。
「pooyanさんはいつからチャリに?」とshingaiさんからの質問。
「小六からかな・・」と僕。

帰宅後に部屋の掃除をしながら、古いアルバムを見てみると。
中二の僕が、フエルアルバムに写真を挟んでコメントを書き込んでいた。

ブログに写真を上げてコメント載せている今の僕。

何も変わっていない。
明日は、もう一つ年をとるというのに・・・。

d0138781_22251841.jpg

この旅に同行した二人は小学校の同級生。
一人はその当時ある分野で日本のトップメーカーであった会社の御曹司。90年代後半に会社は消滅。
もう一人は、葛飾本拠地のオモチャメーカーに就職。これからという20代前半の時にオートバイでの不慮の事故で他界。

人生は様々。僕は恵まれていると心から思います。

君が生きたかった未来を僕は生きています。
だから、無駄にはできない。
[PR]
by alcoholic_t | 2008-10-26 22:35 | たんなるブログ

のんびりツーリング

d0138781_22124348.jpg

最近ほとんど仕事をしている様子のないshingaiさんとツーリング。
走って、だべって、食べて、風呂入って。
いいリフレッシュになりました。
[PR]
by alcoholic_t | 2008-10-26 22:16 |

食べたい、どっか行きたい、遊びたい

d0138781_10193710.jpg

先日、藤竜也と中谷美紀が出ている「しあわせのかおり」を見に行った。淡々とした流れのいい映画であったが、出てくる中華料理が美味しそうで・・・・。
先週から体調回復のために脂肪とタンパク質をカットしているので、中華は絶対にダメ(涙)。
しばらくはじっと我慢です。
でも努力のかいあり調子は良くりました。心配してお電話まで頂いて。thanksです。

元々基礎代謝の高い僕の身体に節制の効果はすさまじく、体組成計で体内年齢19才ですって。(笑)
[PR]
by alcoholic_t | 2008-10-22 10:33 | たんなるブログ

年かな?

d0138781_18502728.jpg

自分では元気に楽しんでいるつもりでも、ろくに休みもしないで、たまの休みにも遊び歩いて、さんざん美味しいもの食べて、夜は飲み歩いて、それらの過剰カロリーをそれ以上の運動で無理矢理に消費して。

そのツケがまわってきたのかな。

エコーで自分の腹の中を見るのはちょっとドキドキしますね。
大事には至らなかったけれども、ちょっとだけ自粛します。
[PR]
by alcoholic_t | 2008-10-16 18:58 | たんなるブログ

パエリア

d0138781_2255088.jpg

ダッチオーブンで作ったのはパエリアです。
普通の平べったいパエリア鍋で作ると米の芯が残ったり、焦げすぎたりしますので、微妙な火加減の調整が不可能な炭火で上手に作るのは至難の業です。
でも、ダッチなら誰でも上手に作れますよ。是非お試しを!

久しぶりにハッセル使ったら、マガジンが見事に光線漏れ(涙)。
[PR]
by alcoholic_t | 2008-10-14 22:11 | めし日記

ブラックポット

d0138781_2083822.jpg

友人の誘いで国営ひたち海浜公園へバーベキューに行ってきた。初めて行った公園なのだが至れり尽くせり。こんなに環境の整ったバーベキュー場は今まで知らない。駐車場からバーベキュー広場まで運搬用のリヤカーは貸してくれるし、洗い物用の洗剤付きだし、ゴミも捨てていけるし、バーベキューサイトの作りは完璧だし。さすが国営。血税ががんがん投入されているだけのことはある。
バーベキューといえばとりあえずベタな焼肉なのだが、今回の肉は心優しい後輩を脅して手に入れた飛騨牛。(Y君サンクス)
霜降り具合も程よく生でもgood。塩焼きもいいのだが、お肉のパフォーマンスを最大限に発揮させる僕の特製もみダレが大好評。市販の焼肉のタレなんか飛騨牛に失礼ですからね。

んで、久々に野外で使う僕の愛するダッチオーブン。
最近でこそホームセンターでも売っているのだが、僕は15年ほど前にアメリカのアウトドア雑誌で見てから、欲しくて欲しくて。当時はインターネットなんてやっていなかったので、ドキドキしながらメールオーダー。到着して見たらひびが入っていてクレーム交換。苦労した分だけ愛着もあります。野外だけじゃなくキッチンでも多用しているので油が染みていい具合の黒光りするブラックポットに成長しました。

何を作ったか?
それは次回のエントリーで。
[PR]
by alcoholic_t | 2008-10-13 20:26 | めし日記
line

死ぬために生き、生きるために食べている。


by alcoholic_t
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite