DR. ALCOHOLIC

pooyan2nd.exblog.jp ブログトップ

人が集う

d0138781_18344772.jpg

写真は、先日行った沖縄でのカイロプラクティック誕生祭で毎年振る舞われている豚の丸焼きの残骸。

このイベントは、東京から沖縄に帰り開業した友人が毎年行なっており、僕も5年ぐらい続けて行っている。例年参加者は、友人、肉親、そして患者さんである。行くたびにほとんど同じ顔ぶれで「今年も来ましたよ」と挨拶をしている。来ている患者さんたちも「今年はいつ?」って感じで楽しみにしているようだ。夜中にも関わらず、最後には参加者が自主的に会場の撤収作業を行なっている。

彼の治療室を長時間観察したことはないのだが、おそらくこの延長線上にあるのではないだろうか。つまり、はじめは一患者であってもその治療室なり、先生、もしくはカイロプラクティックが好きになって通い、人を紹介する。語弊があるかも知れないがファンの集いに近いかも知れない。
ファンによって成り立つ業種は強い。謙って売り込んだり、広告費にお金を使う必要もない。全てが自分の方に向かってくる。
患者、お金、人材、情報、応援、チャンス。
もちろんサービスを提供する側である友人のファンの気持ちに応えるための、絶え間ない努力抜きにはありえないが。

わずか数時間の滞在だったが、得たものは大きい。
勇気をもらった。
[PR]
by alcoholic_t | 2008-10-02 19:28 | たんなるブログ
line

死ぬために生き、生きるために食べている。


by alcoholic_t
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite